COMITIA126に参加しました

  • 2018.12.08 Saturday
  • 15:21

 

織本みどりです。

11/25(日)コミティア126に【朝焼けが来る前に】でサークル参加してきました。

 

(これは流行に乗って作った主人公の横顔)

 

まずは謝罪っっ。

ちこくしてすみませんでした…。

 

 

10:30までのサークル入場に、3分!3分遅刻してしまいました!いやー惜しい(惜しくない)。幸いサークル遅刻列が形成されつつあったので、そこに並び、一般入場が開始する11時にサークル用の入り口(ガレリアとかいう廊下のことですね)から入場。すでに一般参加者がたくさんいました。

文フリは募集数を大幅に超えたかつてない規模だそうですが、こちらも盛況です。文芸島は縮小されてぎゅってなっていましたが。

 

 

さてさて。現場からこまめに呟いていたので、参照しながら書きますね。

「この人暇なのかな」って思われるほど呟いていました(笑)

 

 

●午前

11:30過ぎ、設営完了。

設営する時はいつもドキドキしています。自分が描いた表紙絵をお向かいのサークルさんに見られることが気恥ずかしくて、今だに火照りながら設営しています(/ω\)

 

 

 

設営の改善点をいくつか。

,ニューの敷布にテープが無力で、スペースナンバーの紙が貼れなかった

段ボール本棚に貼ったシートも、テープを受け付けない

今回の設営では無配をうまく配置できない

ぅ櫂好拭璽好織鵐匹梁場が不安定

……宿題です。自分へ申し送ります。

 

 

設営後、早速1冊お迎えいただきました(*'▽')

コミティアでは初売りとなるファンタジー1巻(新装文庫版)です。ありがとうございます!これで目標の「頒布数0以外」を達成することができました!

事前にツイッターでご覧になっていただけたのでしょうか。それとも、実はフォフォフォ(相互フォロー)な関係でしょうか。

 

(前日に「フォロー&フォロワーって何て言えばいいでしょうか。フォフォフォとか口走りそう」って呟いたのですが、ふと「相互フォローか!」と思い出したので、フォッフォッフォ……!とか笑いださなくて済みました。余談でした)

 

並びのスペースにはサークルさんのお知り合いが訪れているようでした。交流よきかな(*´ω`)

その時、お隣さんのお知り合いが、ちょっとこっちのスペースに出ていたので、お伝えして場所を開けてもらいました。私の無配が完全に隠れたなーどうしようかなー人の流れがあるのに勿体ないなーと散々悩んだ末のことでした。だって、スペース代や交通費が掛かっているし、見本誌も提出してるし、宣伝もしっかりしたし、チャンスを失いたくない。お伝えした結果、分ってもらえたので良かったです。

 

 

会場内は暖かくてコートいらず。むしろ暑かったですかね。私のいた場所は外気があまり入って来なかったです。

イベント中は緊張や店番で食欲がどこかに行きがちですが、今回はフォロワーさんから頂いたお菓子をありがたくもしゃもしゃし、お昼ごはんもちゃんと食べました。

 

 

●午後

昼過ぎも暫くは待機。

12:00には見本誌コーナーが開場する予定。今回提出したファンタジー1巻(新装文庫版)を見て、もしかしてどなたか興味持ってくれるかな〜と期待していたからです。私は前回そのパターンで何冊かお迎えしたことので。

結局、見本誌の手応えはよくわかりませんでしたが、見本誌読書会で手に取ってもらえる可能性もありますね。そして、あわよくばティアマガの「P&R」に……。隠れた野望ですが、掲載されたらいいな〜投票されたらいいな〜って夢見ています。うっへへ…。

 

 

14:00過ぎにお買い物。

長く離席できないので、お買い物リストを作ってきました。続編を買いつつ新規開拓。リツイートやコミティアタグで情報をゲットしたもの、ティアマガで気になって検索してみたもの。とにかくついったで情報収集しました。

時間短縮のため、お目当てだけに突撃し、当日の新しい出会いはありませんでした。せっかく皆さまの力作が一堂に会するイベントなのに、もったいない気もしますが、一人参加なので仕方がありません…。

40分ほどでスペースに戻り、残り一時間、ダメもとで宣伝ツイートしたり、TL眺めたりして過ごしました。

 

(↑戦利品です。)

 

15:40頃から、異国情緒溢れるBGMのターンでした。ひらさわさんっぽい気がしたのですが、どうなんでしょうか?

おかげで、リラックスして終了のアナウンスを迎えることができました。

 

 

●まとめ

一日を通して人通りは良かったです。昨年の秋ティアはもっと寂しい印象だったので、今回は活気があってやる気も出ました。

 

頒布態度としては、通りすがりの方に気軽にお品書きや見本を見て頂けるように、互いの視線を遮る設営を心掛け、私自身は視線を落としてスマホやチラシを見ていました。ただ、スペースに来てくださった方にはちゃんと無配をお勧めしましたし、通り過ぎる時にするっと持って行ってくださった方もいましたので、無配は割と飛び立っていきました。これで、今年発行した無配「霧幻の館にて」は配布終了です。

 

そして今回、私がコミティアに参加した中で、過去最大の頒布数を記録しました。(とはいっても、普段はほぼほぼ0ですが)

自分の力だけじゃないことは分っています。今回は事前宣伝として、ついったにお品書きを投稿して、そのスレッドに追加するように新刊と既刊の宣伝を流しました。その宣伝を大勢の方の届けてくれたのは、リツイートやイイネを押してくれた方々です。おかげで、お品書きのざっくりとしたアクセス数が2000超えていました……!

いや〜凄い。ありがとうございます( ;∀;)

 

本も頒布できたし、差し入れもできましたし、相互フォローさんたちが実在することを再度確認できましたし。

参加して良かったです。

スポンサーサイト

  • 2019.01.02 Wednesday
  • 15:21
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << January 2019 >>

    フリー

    フリー

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM