テキレボ7のレポート

  • 2018.07.29 Sunday
  • 23:54

 

織本みどりです。

 

7/16(月)Text-Revolutions(テキレボ)という文章系同人誌即売会に初参加し、個人サークル「朝焼けが来る前に」で、眼鏡白衣青年のファンタジーと青年楽士の中華風を頒布してまいりました。わーい(/・ω・)/

この記事では当日の流れについて、だらーっと書いていきます。

 

 


 

テキレボとは?

・一次中心。二次もOK

・一般参加はタダ

・WEBカタログ「Plag!」で書影&あらすじ&価格がほぼ全部見れる

・委託参加あり

・お買い物に来られない人のために「お買い物代行サービス」がある

・本部企画「公式アンソロ」は、参加者から4000字程度の掌編を集めてイベント前にHPに公開(お題があるよ)

・プチオンリーのような参加者企画が多彩

・公式アカウントが宣伝をリツイートしてくれる!

 

簡単に書くとこんな感じ。気になる方はHP検索!

 


 

 

初参加、しかも本命のイベントでしたので、波に乗ろうと頑張りました。

(何回か書きましたが、イベントデビューは2017年夏コミティア。その後一般参加したテキレボ6が好印象でしたので、ずっとサークル参加するのを楽しみにしていました)

 

 

★公式アンソロ

第一次過熱企画。イベント申込と同時にアンソロを提出した猛者たちがTLにぞろぞろ現れるという異常事態。これで作者の文章を知り、本の購入を決める方々がいるというから侮れません。

テーマが「海」ということで、魔法学校が海になった話「水曜日、僕たちのウォータークラス」を提出しました。既刊と一切関係のない書下ろしです。既刊の番外編だと、大切な設定やキャラクター描写で文字数を使ってしまうし、「本編でなんかあったんだろうけど何の話?」と読んでる方を置き去りにしてしまうことを懸念したので。あ、コチラでお読みいただけます(*'▽')

https://text-revolutions.com/event/archives/7665

 

感想マラソンを走っている方々から感想もいただきまして、嬉しい限りです。オチを担ってくれた先生は、もっと目的(?)のためにアクティブに動いていたのですが、割と削りました。主人公じゃないものね。

 

 

他には、三つの参加者企画に参加しました。

 

 

 300字SSポストカードラリー」

説明しよう!参加者がSSを書いたポスカを作る→集める→10枚で1回くじを引き景品を貰うラリー企画なのである。(知ってる知ってる)

ポスカ作成にあたり、余部が凄いと評判の東京カラーさんにお願いしましたが、ちょこっと製本さんよりは経験者向けなところで難儀しました。文章に白いフチが付いてしまったのですが、PDFに変換した際に何かがあったのでしょう。善処はしました。

タイトルは「刻限カタストロフィ」。時計の鐘が鳴り朝焼けが引いた世界での再会の一幕か、はたまた違うのか。想像にお任せする結末になりました。

 

 

◆屬曚鵑里匹海」

説明しよう!自分の本から100文字の文章を抜き出す→題名と作者を隠して当日掲示→文章にピンと来たらブースでお買い物しようという企画なのである!

この新企画に、一冊完結の『水鳥と琴 -知音-』で参加。この本は、主人公の心情の移ろいと庭園の描写に力を入れた話であり、もう一つの既刊(会話多めのラノベ系ファンタジー)より幅広い層におススメできると思ったからです。こちらは参加者同士の本の交換で、初めての方に嫁いでいきました。私の方も、TLでよくオススメされる方のご本を頂くことができ、新しい出会いができました。正直、自分の文章にピンと来た方がいるって、涎出るほど嬉しいですよね。まだまだ課題はあるようですが、次回も参加したいです(*´ω`)

 

 

「二次ノベルマップ」

二次創作の本があるブースをまとめたマップ企画。せっかくなので卓上の賑やかしを兼ねて新旧パプワの本を持参しました。

 

 

 

★だらだらとした当日の流れ

●開場まで

スマホを忘れて取って返したため(参加証はスマホの中!)入場は10:20頃。朝からすっごく熱くて、家と駅の往復だけでも茹で上がりますね(;・∀・)

スマート本棚を導入した設営は11:00ちょい過ぎに完成(開場は11:00やぞ)。300字企画さんへの景品のお預け、ほんのどこかさんへの受付は、設営中に行いました。

 

↓「お互いドキドキしないね★」がコンセプトの設営

 

見本誌を置きに行ったら、もう満席。壁沿いほぼ一面見本誌だなんて壮観。写真がないのが残念です。自分の見本誌は「ここは置き場所?」と迷いながら、棚ではなく机の上に立て掛けました。後で確認したら本がパターンって倒れていましたので、そそくさ直しました。

見本誌棚はどれ位のご利用があったのでしょうか?気になります。定点カメラとか…いえ、なんでもないです。

 

 

●午前

開場後、人が増えたということはなかったです。ぽつぽつ人が行き来していて、決め打ちでお買い物をしている感じでした。そして、嬉しいことに私の本も早速お求めいただきました('∀')しかも初めてのお買い物チケットで、お相手の方も初めてとのことで。拙いながら300字企画についてお伝えさせていただきましたが、口頭で説明するのは難しいですね(;'∀')

 

午前中は雰囲気を掴むためブースにいる予定でしたが、お買い物代行サービスの無配やポスカを納めに席を外すこともありました。が、その中で、またしても拙作をお求めいただけたり、フォロー&フォロワー様にお越しいただけたりしました。ありがとうございます(*^▽^*)胸元に名札があると「この方知っている!」って有名人に会った気分です。あと、パプワをご存知の方ともお話しできました。企画に乗っかって二次を持参した成果ですね。パプワは実は闇が深く色々な解釈もでき、原作が寛容なので必死こいて隠れる必要はなく、二次創作におススメです(何)。私は、日記を抱えたグンマ博士と真っ赤な服着た高松が好きですヨ♪

 

 

●午後

気付いたら12:30。パンと差し入れを食べて30分ほどお買い物。

ようやくほんのどこかの掲示を見ることができました。会場入り口に文章が印字されたカードがずらーっと並んでいて、関係性を匂わせる会話文、オチのあるもの、独特の文章など、色々な100文字を楽しむことができます。すでにたくさん「交換終了」の札が張られていたので、私も目星を付けていたご本と交換。私の本も交換終了していてすっごい安心しました。参加者のレポを見ると、入手済みや入手予定の本とカブらないように早めに交換していたみたいですね。まだそんなに皆さまのご本を持っていないので、その心配に思いつきませんでした。

けれど、企画をご存じない方には企画内容がまったく分からない掲示なのでは?と感じましたので、次回の装飾などに期待です。

 

全体を一周したものの一つ一つ眺める時間はなく、お買い物リスト最優先のブースにだけ突撃。今回入手できなかった本や、TLで気になったもののリスト漏れしていた本は、次回ゲットしに行きます!(それまでには新刊という気になる本が増える罠)

 

300字企画ではサークル賞2個ゲット。数冊の本・お菓子・雑貨の中から、京飴1箱とコイン型チョコをいただきました。ビバ糖分!ノーチェックなご本は選択から外したのですが、今考えると見たことのない本をいただくのも良かったなと反省しています。私が提供した自慢の最中は、綺麗に並べられた写真とともにTLに投稿いただきました…。嬉しや嬉しや(*'ω'*)

 

 

●閉会

15:30、参加者がお片付けを始めました。うちは凝った設営ではないので、最後の最後まで粘ってからお片付けを開始。ポスカは50枚以上余ったと思うのですが、あまり主催さんの負担にならない範囲で…と考えて30枚だけ継続頒布でお預け。忘れずにお買い物チケットも換金。

16:00、初めてのテキレボは、あっという間に過ぎ去りました……。

 

が、あわよくば参加割引チケットをゲットしようと居残り、原状復帰のお手伝い。撤収作業は間違いが起こりやすいですよね。ただでさえ設営よりも雑。主催側が予期せぬ事までボランティアがしてしまうことがあります。「保管する備品を置いておいたら破棄された」「解体しない予定のものが解体された」など。そうとは知らず誤った行動をしている人を真似て、他の方も誤ってしまうことも。各所に担当スタッフがいたらいいのになと思いつつ、椅子運びやテープ剥がしなどの問題なさそうなところをお手伝いしました。

 

 

●懇親会

お目当ての懇親会もといじゃんけん大会は、ほぼほぼ一回で負けて沈みました(法則があったとかなんとか?)。全然勝てねえな。ラッキーボーイの独り勝ちだぜ(^_-)-☆決勝戦を眺めながら、お買い物チケットを購入して、れぼんちゃんグッズを入手するのを忘れていたことに気付きました。次回です、次回。打ち上げには不参加でしたが、一次創作はどういう話するのか興味はあります。「こういう話が書きたい」とかですか?未知ですね。

 

 

 

 

★まとめ

テキレボ最高でした。ツイッターで流れるように情報が飛び込んで来て、みんなでリツイートや援護射撃をしている様は、本当にお祭りですね。参加者企画にも、ラリー・マップ・冊子・ほんのどこか(?)と色々な形式があり、自分に合った企画をチョイスできるのが面白い。親近感というか勝手に仲間意識が芽生えます。

 

頒布数の話をすると、1年間、直接&委託でコミティア5回、文フリ2回、ゆめつむ1回参加して、頒布0冊が通常運転ですが、今回は7冊もお手に取っていただけました!ありがとうございます!

…すごくないですか?頒布0冊で居眠りこくのが当たり前の私ですよ?それが開始すぐにお買い求めいただけたり、新刊が数人の本棚に収まっている(と思われる)んですよ?すごいですね!!

 

当日までの長い間、ツイッターで何度も宣伝してしつこいかなと思ったのですが、TLを全部見ているわけではない(=何度も宣伝してやっと1回目につく)から大丈夫だ、根性見せろ( ・`д・´)と自分を奮い立たせて宣伝しました。「初参加だけど頑張ってPRする」タグのツイートをリツイートしていただけたり、公式マスコットれぼんちゃんにも拾っていただいたり。宣伝が届くので遣り甲斐を感じるし、他の方の本もチェックできる。

 

テキレボはツイッターを活用する最新のイベントでした。

 

 

 

★個人的な次回へのメモ

・設営の工夫

スマート本棚とA3ポスターで隠れる設営をしましたが、これはテキレボの長い机には合いませんね。向こう側に手が届かず、本のやり取りや整理整頓に支障をきたしました。次回は壁作りつつ工夫が必要ですね。壁を作らなきゃいいじゃないって?いえ、ドキドキしちゃうじゃないですか(照)!

 

・差し入れ

配り忘れました。ごめんなさい。

今度は「配るまで帰れねえ」と奮い立つようなお菓子にします。ほら、ちょっと高いお菓子とか。

 

・コスプレ

次回もあれば、してみましょう!せっかくだから!

 

 

 

んー、こんな感じですかね。だらだらーっとまとまりなく、特筆することもないイベントレポートでしたが、テキレボは本当に楽しかったです。それは当日だけでなく、他のイベントにはない準備段階での楽しさが段違いだったからだと思います。公式アンソロ、WEBカタログ、「お買い物代行サービス」、企画、宣伝。やることが多ければ多い程、頑張ったことによる充足感や交流する嬉しさが、たくさん自分の中に溜まっていくのでしょうね。私にとっては一番楽しく忙しいイベントでした。

だって、気合い入れてテキレボの日に開封した2WEEKコンタクトをまだ使っている段階で、「次のテキレボまだかな」なんて思ってしまうんですよ(笑)またアンソロとかポスカとか勿論新刊も追い詰められて「進捗やばい」とか言いながら、他の参加者の「やばい」を眺めながら、頑張る日々を求めているんですよ。日常の中の遣り甲斐みたいですね。

 

 

さて、「朝焼けが来る前に」の次のイベントは来年3月のテキレボです。イベントに参加する度にお品書きや帯を作り直したり設営を考え直したりして販促に時間を割いてしまうので、暫くイベント参加を控えて本を増やす作戦です。次の新刊はもう着手しています!(イラストの進捗をツイッターに上げています。もしよければ アットマークorimidomo12まで)既刊ファンタジーの続編と読み切り短編、2冊を作る予定です!

それでは、お付き合いいただきありがとうございました!

 

スポンサーサイト

  • 2019.05.17 Friday
  • 23:54
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>

    フリー

    フリー

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM